Print Shortlink

個人事業主が年収を伸ばすには

個人事業主として働く場合、業者などの仲介がなければ収入はサラリーマンによりも非常に高いように見えることもある。しかし会社という後ろ盾がないので、サラリーマンよりも保険や保証の面ではかなり劣る上に、福利厚生もない。なので年収はサラリーマンより額面では上回っていても、実質的には劣るということも頻繁に起こるのである。

では個人事業主がサラリーマンよりも大幅に収入を伸ばすためにはどうしたら良いのだろうか。それは会社員では利用しづらいアルバイトを自分で利用することである。アルバイトを雇ってサラリーマンが自分の職場で仕事をすることはまず不可能であるし、賃金的にも難しい。個人事業主の場合は自分の職場にアルバイトを置くことは自由であるし、額面の収入が多いならば雇うことも難しくない。雇った人件費は経費として計上すれば、節税対策にもなる。アルバイトに何をさせるかというと、単純作業を割り振って、とにかく時間のかかる作業をさせるのである。その空いた時間を利用して、自分は生産性の高い作業や仕事に従事するように心がけるのである。

自分をフリーにすれば営業をすることもできるし、技術を高める時間に使っても良い。まずは自由になる時間を作ることが、フリーランスが収入を上げていくコツといえる。そうしてアルバイトを使うことから、社員を雇う方向に進み、法人化してさらに収入を上げていくことも考えられる。とにかくコツとして時間と収入のバランスを考えるようにしていくのが、フリーランスに必要な考え方である。
サラリーマン時代との違いが明らかな個人事業主についての情報サイト→[目指せ個人事業主

Leave a Reply